コエンザイムQ10について

少し前からエイジングケアで注目されているのがコエンザイムQ10です。コエンザイムQ10は私達人間の体内で生成されている成分なのですが、体内で生成されるのは20歳がピークとされていて、加齢とともに減少していき、40歳を過ぎると急激に減少します。

コエンザイムQ10は細胞の1つ1つに存在していると言われていて、細胞自体のエネルギーを作る為に必須の補酵素とも言われています。しかし、ピークを過ぎるとどんどん減少していくので当然細胞エネルギーの量も減っていきます。

細胞エネルギーの量が減少すると、細胞自体の老化が促進されます。つまり個人差はありますが、20歳をピークに老化現象が始まってしまうという事です。

それから、コエンザイムQ10は抗酸化物質なので、活性酸素を排除する働きがあるのです。活性酸素は老化現象の一因ですから、コエンザイムQ10をたくさん補給すると老化防止効果が期待できると言う事なのです。

こういった活性酸素などの問題を、コエンザイムQ10などの抗酸化物質によって防ぐ事によってアンチエイジングの効果を得る事ができるのです。

最近では、コエンザイムQ10配合の化粧水や美容液、乳液などの効果を1つにまとめた、オールインワン化粧品がとても人気です。自分のお肌に合った化粧品がどれなのかわからないと言う方は、オールインワンゲルなどの化粧品を一度お試しください。これ1つで4~10役も熟してくれるので、もしかしたら、あなたのお肌にぴったりの化粧品が見つかるかもわかりません。

rank-go

Whitening stretch&elasticity
dryskin sensitive skin

acneskin