30代のオールインワン化粧品の選び方

30代ころになると急に肌の衰えを感じませんか。これはヒアルロン酸やセラミドなど肌に存在する成分が減少してくることが原因です。20代中ごろからヒアルロン酸などは減少し始め、30代になると減少が加速します。ハリや弾力の低下、乾燥、シミなどさまざまなトラブルが増えてくると思います。そのため、30代になったら30代に適したケアをする必要があります。

20代まではピンポイントのケアだけでもよかったかもしれませんが、30代になったらトータルケアが必要です。トータルケアができる便利な化粧品がオールインワン化粧品です。一つでいくつもの役割がありトータルに管理しやすいです。

30代からのオールインワン化粧品は、保湿だけでなく抗酸化もできるものを選びましょう。

肌の老化の原因の一つが活性酸素です。活性酸素には殺菌などの働きがあるのですが、体内で増えすぎると肌細胞を傷つけて老化を進行させます。活性酸素を消去する力は体内に存在するのですが、その力は年齢とともに衰えます。
活性酸素から守ってくれる抗酸化成分がコエンザイムQ10、ビタミンC、ビタミンE、アスタキサンチンなどです。

これらを配合したオールインワン化粧品を選べば、肌老化の予防に役立ちます。

rank-go

Whitening stretch&elasticity
dryskin sensitive skin

acneskin